パソコン音痴・パソコンど素人の中高年ネットの挑戦
中高年のおじさん・おばさんは大体パソコン苦手。 中高年力合わせて不労所得出来るようネットに挑戦しませんか? 中高年予備軍だって、年金問題考えたら今から頑張ろう。
スポンサードリンク

スポンサードリンク

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク

ヤフカテサイトアフリエイト
. 最高のSEO対策、あなたもヤフーカテゴリーに申請して通しませんか!
. .無料ブログだって出来るんです。
.

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 │ 
パソコン音痴・6月(11年)、東北大震災
2011/06/09 21:24 [Thu]
category:未分類
お知らせ

明日10日早朝より、前回4月の岩手県大槌町に続いて宮城県の亘理町にボランティアしに行ってきます。

今回は近隣4市町の社会福祉協議会のボランティア派遣です。
往復のバス代は不要で宿泊・食事が自前です。
交通費助かるだけでも行き易くなる。

帰るのは13日に成ります。
コメの返事帰宅後になろうかと思います、よろしくお願いします。

スポンサーサイト
パソコン音痴・3月(10年)、糖尿病対策のその後
2010/03/13 16:01 [Sat]
category:未分類
糖尿病退治の運動療法とワードプレス

実は昨年暮れ、バリバリの糖尿病と言われて不謹慎にもこれ幸いと思っていた節がある。

一つ目の理由は、今年の夏、小学校のプール借りて町の糖尿病退治と糖尿病予備軍の糖尿からの脱出を考えてのことである。

そのために偶々当方のバリバリの糖尿病、薬でなく水泳療法で直しておけば説得力があろうと言うものである。

もう一つはその糖尿退治の気がサイトつくりに利用できると考えたからである。

本当はホームページを作るつもりでいたんだがワードプレスでブログ作ってみる気になった、

ロリポップが簡単インストールでワードプレスのインストールを出来るようにしてくれたからである。

早速やってみたら確かに、独自ドメインで簡単にインストールできてしまった。

ところがインストール出来たは良いが、普通のブログしあげるほどには、そこから簡単でなく、とりあえず一つ水泳で作りかけたブログデフォルトのまま1ページ作ってそのまま。

糖尿病退治の経過書き込む新しいブログまだ暫しかかりそうである。

前回同様「学校水泳応援団 http://suiei.blog.shinobi.jp/」から転載しておく。

練習内容など詳しくはそちらで見ていただきたい。



学校水泳応援団、105、生活習慣病と水泳・27

検査・4

3月5日は糖尿の検査日。

1月5日から海洋センターの会員になってはじめた水泳使っての運動療法も丸2ヶ月。

この間2月の5日に検査を受けて血圧が良化に向かい,ヘモグロビンA1cもよくなりつつあることは述べた。

その時点ではヘモグロビンA1cなるものが過去1・2ヶ月の血糖値の傾向を月単位で平均値を表しているなんて事も知らなかった。

だからこそ、その数値がよくなることは過去1・2ヶ月間良い状態が保っていた証ゆえに大事な検査であるということも認識できた。

それで9.7から8.2によくなっているゆえ、血糖値が200から264と跳ね上がっても一時的な数値の動きであまり問題にされなかったのだろう。

むしろ血圧の172-83のほうを問題視されていたように思う。

ここで当初の数字と引き続きの検査値をあげてみたい。


1・2回目検査 12月25・6日

 体重67.6キロ、血圧200-?、血糖値200、ヘモグロビンA1c9.7、蛋白+

3回目検査 2月5日

 体重64.2キロ、血圧172-83、血糖値264、ヘモグロビンA1c8.2、蛋白+

4回目検査 3月5日

体重65.0キロ、血圧150-70、血糖値127、ヘモグロビンA1c7.5、蛋白-


年末時点での数字が、もっと急激に悪化してきた状態ならとても起きて居れる事は無いとのことであったが、何とか薬の使用も無く殆ど運動療法でのトライでここまで来たのは喜ばしいことと認識。

只2月の時点での血糖値が悪すぎたので、水泳だけでなく、ワインにたまねぎ漬け込んだのを大匙1杯ほど飲むようにしたからこれだって数値の良化を手伝ったかもしれない、何せ264が127まで下がっているのだから。

薬物の利用による血圧や血糖値の降下と違い、当方がしたのは基本的には人の自然治癒力を喚起する方法だけに、読者の皆様の周りに糖尿病患者や予備軍の方がおられるなら参考になろうかと思える。

安易に薬の使用により、簡単に降下の効果あるにしても、生涯薬とのお友達付き合いなんて嫌なことである。

即刻治療とてぐすね引いたうら若き女医さんには悪いが、とにかく薬無しで治すという実験に取り掛かってよかったと思っている。

糖尿病と宣告されて、むしろ良き実験台に自分が成れて、却って良かったと天の配剤喜んだほどである。

只当方は以下に述べる理由もあって、早急な回復を狙ったから、それで常人ではチト無理な水泳の練習、自分に課した。

今の平均的な練習内容は、バタフライ1500m、クロール2500mの計4000mである。

クロールの2500mは馴れた人なら誰だって出来ようが、1500mバッタ泳げといわれたら普通は先ず出来ない。

そのバッタおよいだあとに2500mクロールと成れば、これも難しいことだと思うはずである。

この夏ボランティアで、小学校のプール借りて、糖尿予備軍の対策に水泳使っての指導考えていたからからである。

発案者の当方が糖尿退治できなかったら、計画の遂行が出来そうもない。

水泳が効果抜群と主張しても、自分が良くなっていなければ誰だってついてこないはずである。

ということは、高齢者の多い限界集落を多く抱える当町での医療費高騰に歯止めが掛けられない、少なくともその対策の模索すら出来ないことになる。

それで少々無理を承知でやってみた。

其れゆえもし参考にされるのなら負荷を下げて、その分時間軸長めで考えていただきたい。

それに何も無理に泳がずとも、水中ウォーキングだってカロリー消費充分と思われる。

当方だって、糖尿予備軍の対策では、大いに水中ウォーク取り入れようと考えている。

検査結果に戻ると、来月までにもう少々体重の減量である、次いでヘモグロビンA1cを6.5%以下にすることである。

其れと血圧だって140以下にもって行きたいと考えている。

まだまだ水泳をしに海洋センターに通う必要ありである。

それにここまで体力戻ってきたわけで、いずれ5歳刻みの年齢別マスターズ水泳に再度挑戦と思っている。

世界記録とは言わずとも「日本記録狙って挑戦」ぐらいはやってみたいものである。

多分25mや50mでは無理っぽいが200mバタフライなら可能性皆無でも無いかもしれない。

今の年齢区分で無理なら次の年齢区分に上がった時に達成できれば良い話だから、チャレンジ止めなければ、長生きさえすればいつか世界記録だって可能であるはず。

ようは最初から諦めるか諦めずに頑張るかだけのことで、なんともシンプルなのである。

「成功するまで諦めなければ失敗は無い」ということである。

糖尿病退治だって同じことで、中には数字の上がり下がりだってあるかも知れぬがいずれ収束すると思ってやっていれば良いことである。

同じ数値下げるにしても薬使って一生お世話になるか、運動できる体を維持しながら薬なしで元気に糖尿退治するかは、気持ちしだいである、オマケに薬の費用だって馬鹿にならない。

テーマ:美容・健康 - ジャンル:アフィリエイト

パソコン音痴・2月(10年)、ド田舎の医療費対策
2010/02/15 13:06 [Mon]
category:未分類
生活習慣病対策

インターネットの世界では田舎だって都会だって早々違いなんて無いだろうと、都会に居た頃は思っていたがそうでもないことが着てみると実感する。

都会が光の時だってこちらは未だにADSLだし、プロバイダーも限られていてNTT系だけで競争してサービスがよくなるなんて事は考えられない。

もちろんさいきんTVなんかで宣伝しているのが安いからとて、問い合わせてもサービス区域でないと断られる。


都会と違って田舎は医療という面でははなはだしく見劣りがするのは隠れも無い事実である。

その分素晴らしい環境の下、病気が無ければそれでチャラなんだが早々うまく問屋がおろしてくれない。

たしかに公害が少ない分公害病なんてあまり聞かない。

ところが若い者が都会へ去って年寄りばかりが田舎に残ることになると必然老人病目立つことになる。

取り立てて増えてる訳の物でもないが、何せ高齢化率が上がるほどに目立ってくる。

それで働ける人間に比して老人病患うものが突出して医療費高騰が目立つ。

そんなこともあって、今年から小学校のプール借りて生活習慣病や生活習慣病予備軍対策もあって、水泳教室スタート計画している。

ところがその前に当方がバリバリの糖尿病を指摘されてしまった。

国保すさみ病院

それで「これ幸い」と自身で見本作るべく今年の正月明けの5日より、糖尿退治スタートさせた、運動療法狙いで泳ぐことにした。

どうも盲蛇に怖じず的なところがあって知れば知るほどその頑固さに辟易だが、でもど田舎の医療体制の整備より、病気にかからぬとか、かかっても医療費軽減の方法見つけることの大事さに軍牌挙げたいわけである。

これは何も当地だけのことではなく日本国中いたるところ対象の地が存在すると思われるゆえ、貴重なボランティア精神発露であるなんて自画自賛である。

という事で別ブログにアップしている記事をこちらでも転載することにした。

単に記事枯れでの転載ではないのである。

糖尿退治の練習過程や、小学校の水泳授業のボランティア活動などは下記ブログに跳んでみていただければ幸甚である。




学校水泳応援団、96、生活習慣病と水泳・18 (http://suiei.blog.shinobi.jp/)

検査・3

2月5日は糖尿の検査日である。

永らく医者通いしていなくて、来年の水泳指導までに一度からだのオーバーフォールもあって、町で唯一の国保の小さな病院に行った。

それが昨年の暮れの25日で1回目の検査を受けた。

体重69キロ(服の分引けば67.6キロ)

血圧198血糖値200以上で200丁度だったかそれ以上だったかはっきりしない。

ヘモグロビンA1c9.7

ということでバリバリの糖尿といわれた記憶がある。

それでその翌日外来の専門医が来るとの事で再度来院して検査してもらってほしいということに成った。

そして前日やったばかりの血液の検査と追加の検査が心電図とレントゲン、其れと尿の検査。

これが2回目の検査である。

連日同じ検査やらされてトンだ出費である。

その数値を逐一聞いたわけではないが、どうせ昨日の今日そう違った数字も出なかったろう。

詳しい話が聞けたわけではないが、とにかく普通なら入院しても良い数値らしいことは分った。

この数字がもっと急激に来ているようならとても起きて居れる事は無いとのこと。

とりあえず治療にかかるということだが薬で抑えるのか、インシュリンの注射に入るのかを聞く前にこちらの主張を先にすることにした。

そのためその若い女医さん何をしようとしていたのか聞き漏らした。

血糖値がわるいのはうすうす分るし、血圧も理解できるがヘモグロビン何たらなんて全く分らぬ。

只いままで倒れもせず、毎朝犬の散歩でき、畑もやっているわけだから、治療のスタートあわててすぐにしなくとも大事無かろう。

とりあえず一月、食事療法と運動療法でやってみたい、勿論何をするべきか分って言ったわけではない。。

副作用なき薬など聞いたことも無いゆえ、薬など使わず直したかっただけで、様子見しましょうということで手を打った。

それで常人ではチト無理な水泳の練習、自分に科したわけである。

そのお陰で、これだけ泳げれば数値如何様なりとも、体のほうは健康体と確信できることになったわけである。

測ってもらった数値、体重64.2キロ、血圧172-83、血糖値264、ヘモグロビンA1c8.2.

体重、内臓脂肪計り乍減らしてきたし、前日の血圧は10以上低かった。

ヘモグロビンA1cも9.7から8.2と減少、この調子で下がればもう少しで安全圏に近づこう。

一つ気に入らぬは血糖値である。

只これはあまり今回問題にされず、むしろ血圧のほうで160以上あるということは血管に問題が起こりやすいので薬で下げたいということであった。

当方にすれば当初198あったのが昨日151-71,161-82と順調に、多少上がり下がりがあるとはいえ全体的には減少していることを話してことわった。

ということで次回4回目の検査3月5日に予定ということとなった。

次には確実に血圧下げておこう。

勿論血糖値だって同じことである、尤も今のところ何が効果的か分っているわけではないが。

運動だけではすみそうも無いことだけは考えざるを得ない。



パソコン音痴・12月、ライブ配信講習
2009/12/03 15:37 [Thu]
category:未分類
ライブ配信講習・ネットワーク入門

南紀地域のIT普及の拠点情報交流センター ビッグ・ユーが田辺にある。

ビッグユー

インターネットを用いリアルタイムで遠隔地の講座を聴講出来る。

こちらの地方では受講が難しい、比較的専門的な内容の講座が低料金で受講出来る。

来年本式に始まれば3時間程度の講座が2000円するそうだ。

今回はテストと言うこともあって500円や1000円で良いので、10開催のうち7回申し込んだ。

2回めが1日にあった。

1回目はメンタルヘルスの講座とあって女子ばかりがそこそこ集まったそうだ。

とうほうとしてはITの講座でなかったので遠慮しておいた。


授業はと言うと目の前のパソコンでなく、大型スクリーン上に映しての受講である。

大型スクリーンのあるのは50人以上も入れそうな大型セミナールームだけで、やむなくここを使うようにしたようである。

興味持つ人が少なかったからか受講者3名、それも社命により強制的に参加もいるようである。

その3名のため講義中で質疑応答のため、補助員が1名専従でチャットでやり取りをしている。

これでは今回は大赤字も良いとこのようである。

マァ新しい実験だから、それもやむをえないのだろう。

講義の内容は、3時間ではこんなもの、2駒にしていま少し詳細に聞きたかった。

IT音痴の世代の当方としては英会話と同じく常時雰囲気に浸っていないと一向に進歩がないことになる。

それで常時そのような雰囲気を必要としており、面白い取り組みである。

とにかくいくら良くとも社命で受けれる分には良いが、年金頼みの当方などは高額では参加が出来ない。

当館でもフォットショップやイラストレーターの講座もあるが、都会ほどでなくともそれなりに高額ゆえ、参加見送らざるを得ない。

それ故。このような講座がライブ配信で受けれることを望みたい。


マイドキュメント抄出
2008/11/10 22:02 [Mon]
category:未分類
人気ブログランキング ポチっと宜しく、新ブログ
                    立ち上げで急降下

  FC2 Blog Ranking  ←こちらもポチっと宜しく, 
                   有り難うございます

矢張り今もってパソコン音痴

最近、そろそろパソコン音痴も卒業近しなんて思って
いたら実はマダマダちょっとそうかんがえるの早すぎ
って事件が勃発。

実は「動作の遅くなったパソコンを復活させる方法」
て言う無料レポート見つけたことから始まり。

それまでもメモリー2Gに容量アップ、ソースネクス
トの「驚速」なるXpの最適化、自働デフラグ、自働
メモリー最適化のソフトの投入などできる範囲の高速
化してきた心算である。

ところがCドライブを整理して空き領域を確保なんて
ことは当方の考え及ばぬところで、触っておかしくす
るのが怖くてタブー視していた。

しかしながら初心者必須の簡単作業なんて悪魔のささ
やきについまどわされて、ついつい手が出てしまった
という訳である。

おまけにCドライブの空き領域30パーセント以下な
らいろいろ問題多いから30パーセント以下になるよ
うする必要ありとのご託宣。

言われて調べてみたらなんと1割切ってるあり様。

ディスクのクリーンアップ、ごみ箱空にするなどすで
に実行済み。

その次はマイドキュメントをCドライブからDドライ
ブに移行。

手順、「スタート」→「マイドキュメント」を右クリ
ックで「プロパティ」をひらく。 
「プロパティ」の「ターゲット」のタブで「移動」を
クリック。

Dドライブに「マイドキュメント」用のフォルダー作
成して、そこを指定して「OK]をクリック。

実はこの通りやっておれば何の事は無かったんだが、
Dドライブにフォルダー作成し忘れて「移動」クリッ
クしてしまった。

なお悪いことに、数分そのままパソコンがガチャガチ
ャ処理してる時にフォルダー作成せずにクリックした
ことを思い出した。

処理の途中で中止した時途中までの処理、ご破算にな
ってまた1掛けでやることがあったので、途中で止め
ればと中止したのが結果的になお悪い状況作り出した
ようだ。

慌ててデスクトップ上のマイドキュメント開いても 
もぬけの殻。
マイピクチャーにいくもこれも当初ノサンプル画像の
みでこの2年以上貯め込んだ写真すべて没。

デジカメについてたソフトに残っていないか見に行く
とサイドバーに撮影月日とタイトルでていて、一安心
したんだが、画像容量明記されていながら画像は×印
がついて出ていない。
いろいろ触ってみるんだがなんともおかしいことに、
削除されたようになったまま。

Dドライブから「プロパティ」で見に行くと、「マイ
ドキュメント」内のファイルが無数に散らばっている
んだが、どうも本来のフアィルの数の3割程度。

取り敢えずすべてを選択で「マイドキュメント2」の
フォルダー作ってそこに入れておく。

たぶん残りはドライブCに残っていようと、これもプ
ロパティで開くとやはり残りと思しきファイルがワン
サカ出てきた。

実はここまではすんなりだが、「マイピクチャー」で
つまずく。

「マイドキュメント」も「マイドキュメント2」にも
「マイピクチャー」にはデフォルトのサンプル画像し
か入っていない。

いろんな捨てがたい、死んだブル共や子ぶるの可愛い
2度と取り直しのきかない写真が入っている。

それで*.jpegで検索掛けてみた。

しばらく待たされた結果、どこにあるかわからんが、
何処かにある事のようである。

結局、紆余曲折の後、
「ローカルディスクC」→「開く」
「Documennt and setting」で使用者(当方)から
「マイドキュメント」に行くと「マイピクチャー」に
遭遇。
この「マイピクチャー」から画像がしこたま出てきた。

兎に角やっと消失したと思った物のありかがわかった
状態になったとはいえ、いまだ以前の状態まで戻った
わけではない。
それはこれからなんである。

ただ分らんのはどうして初めに見つかった「マイドキ
ュメント」の中に「マイピクチャー」が消えていたり
ソニーのブラウザー画像の容量が表示されていながら
画像が消えていたのか、分らぬことだらけである。

まだまだパソコン音痴脱出とはいかぬ今日この頃何で
ある。

人気ブログランキング ポチっと宜しく、新ブログ
                    立ち上げで急降下

  FC2 Blog Ranking  ←こちらもポチっと宜しく, 
                   有り難うございます
 

ランキング

人気ブログランキング ポチっと宜しく               FC2 Blog Ranking  ←こちらもポチっと宜しく,

スポンサードリンク

アドセンスでシステマチックに稼ぐ最速戦略書  グーグルアドセンスで稼ぐなら複数アカウントは必携                  アカウント削除から再取得の方法 アドセンスでシステマチックに稼ぐ最速戦略書 AdSense systematic package

プロフィール

がくさん

Author:がくさん
目下和歌山の南紀のド田舎で、ブルどもと田舎暮らし。田舎で仕事できる年齢でもなし、ここは一つネットで稼がんとて一念発起。
中高年のおじさん・おばさんは大体パソコン苦手。
情報交換の場があれば、いつかはクリヤー可能。
中高年力合わせて不労所得出来るようネットに挑戦しませんか?
中高年予備軍だって、年金問題考えたら今から頑張ろう。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。